サイバーセキュリティトレーニングメニュー

サイバージム

CYBERGYMでは、イスラエル電力公社をはじめとする世界各国の重要インフラ企業や大手IT企業などをサイバーインシデントから守っている実績から得られる最先端のサイバーセキュリティノウハウを各種トレーニングに反映して提供しています。

専門部隊の育成・強化トレーニングはもちろんのこと有事の模擬役員会を含むマネジメントワークショップや、最も人数が多くかつリスクの高い一般社員のセキュリティアウェアネストレーニングなど、幅広いメニューを揃えています。
お客様のシステム環境や状況・課題に合わせたカスタマイズを承っています。

トレーニング名 概要 対象者
Cyber Defense Essentials 実際のサイバー攻撃を体験し、複数の検出・監視ツールを駆使してサイバーインシデントを検出し、その初期分析を行うためのスキルを習得 IT担当者、情報セキュリティ担当者
SOCアナリスト
Management Workship 1)実際のサイバー攻撃シナリオの体験とサイバー攻撃時の意思決定を実践しながら緊急事態や危機管理のマネジメントを体験する
2)最新のサイバー攻撃の事例を学ぶ
トップレベルの意思決定者
マネジメント層
SIEM Intrusion Detection Traning 1)SIEMとそのデータソースを最適にしながら、サイバー攻撃の特定をおこなう
2)システム侵入やデータ損害の検出と分析をしSIEMのルールを最適化する
情報セキュリティ担当者
SOCアナリスト
Penetraition Test 1)脆弱性診断やペネトレーションテストで使用する様々なツールを使用して対象システムやネットワークの弱点を調査及び特定する
2)侵入成功後に実際に被害が発生し得る影響についても把握できるようにする
IT担当者、情報セキュリティ担当者
SOCアナリスト、脆弱性診断士
Forensics Training Forensicの能力を身に付ける IT担当者、情報セキュリティ担当者
Zero to Hero 1)CSIRTやSOCメンバーとして、第一線で活躍できる技術力や判断力をサイバー攻撃の実践を通じて身に付ける
2)セキュリティ全般の知見を広め、インシデントレスポンスやフォレンジック能力を高める
IT担当者、情報セキュリティ担当者
Basic ICS Distribution Defense PLCや設備(発電プロセス)のモデルを使い、SCADA環境におけるサイバー攻撃を体験する OT担当者
Spy Chip Hack
※2019年秋開講予定
サードパーティサプライヤーの脆弱性を使用したサイバーインシデントを確認する IT担当者
インシデントレスポンスチーム
受講風景1
受講風景2