OT向けサイバーセキュリティトレーニング

サイバージムジャパン

本格的なIOT時代の到来によって、重要インフラ施設や工場において用いられる産業制御システムがサイバー攻撃の脅威に本格的に直面しており、社会インフラ全体や企業経営に根幹にも関わることから、実効性のあるセキュリティ対策が喫緊の課題となっております。

その一方で、OT向けサイバーセキュリティトレーニングは、日本国内ではほとんど実施されていません。CYBERGYMでは、世界で最もサイバーアタックの受けるイスラエル電力公社のセキュリティを担っているノウハウを活かしたノウハウを活かしたOT向けのサイバーセキュリティトレーニングを提供します。

ートレーニングにおいて実行されるサイバー攻撃の例ー

  • 誤った監視データを送信することによってHMIとPLC間で通信異常を起こす
  • ITネットワークから分散ネットワークにアクセスしPLCに偽コマンドを送信し、設備に誤った信号を送る
  • PLCのIPアドレスを変更する
  • HMIにDOS攻撃を仕掛け、HMIに誤った情報を表示する
  • HMIにウィルスを仕掛け、身代金を要求する
受講風景2