CyberGym Control Ltd.との共同事業にかかる国内会社設立に関するお知らせ

サイバージムジャパン

CyberGym Control Ltd.との共同事業にかかる国内会社設立に関するお知らせ

当社は、サイバーセキュリティ分野における共同事業パートナーの CyberGym Control Ltd.(イスラエル ハデラ市、CEO Ofir Hason、以下「サイバージム社」)との間で、当社が米国での事業展開のために保有するライセンス、設備及び独占権のサイバージム社への譲渡並びに日本国内での当社とサイバージム社による合弁会社の設立に向けた覚書を締結いたしました。
本年 12 月末までに本覚書にかかる確定契約を締結する予定となっておりますが、これに先立ち、当該合弁会社の受け皿となる会社の設立について決定いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。

(1)名称 株式会社サイバージムジャパン
(2)所在地 東京都港区赤坂一丁目14番11号
(3)代表者の役職・氏名 代表取締役CEO 石原 紀彦
(4)主な事業内容 ・サイバーセキュリティトレーニングソリューションの提供

・その他サイバーセキュリティソリューションの提供

(5)資本金 3,500千円
(6)決算期 3月31日
(7)設立年月日 2020年8月上旬
(8)持ち株比率* 株式会社バルクホールディングス100%
(9)役員 代表取締役CEO 石原紀彦
取締役 松田孝裕
取締役 八尾政俊
監査役 高橋恭一郎

*当該会社設立後のサイバージム社の出資により、持株比率はバルクホールディングス 70%、サイバージム社 30%となる予定です。

 

2.新設子会社の機能・役割
今後、米国会社である当社の日本における全ての事業を株式会社サイバージムジャパン(以下「CGJ 社」)に移管し、CGJ 社はアジア地域における中核拠点としてサイバージム社との共同事業を推進いたします。
また、現在当社が運営している東京都港区のハイブリッドアリーナの権利・機能が拡張され、同アリーナが日本及びアジア地域における他のアリーナのプラットフォームとしての役割を担う予定です。これにより、イスラエルと同様のトレーニング環境が日本国内にも構築されることから、新型コロナウイルス感染拡大の影響等によるサービス提供にかかるサプライチェーンリスクも軽減されます。
なお、ホワイトハッカーで構成されるレッドチームのトレーニングメニューは、引き続きイスラエルを中心とするグローバルチームが対応いたします。